ベース、音楽、などなど徒然なるままに。ひねもす、のたりのたりかな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本数論

さて、昨日ライブも終わりましてホッとしています。
今回の浜田麻里のコピバンセッションに参加するのは2回目なので、ちょっと馴染んできたでしょうか?(;´∀`)
前回は思ったより難しい曲もなく、安心していたのですが今回は難曲も有りちょっとヒィヒィでしたね。

で、打ち上げの酒席で「5弦ベース弾いてるんですか?」なんて話から、「いや、6弦も弾いているんですけどね」という話をしていたのですが、急に別の人から
「いやぁ、ベースは4弦って決まってるの。昔からベースは4弦なの!」
など言われてしまいまして。。。

そりゃまぁ確かに昔はそうでしたが、今の音楽の多様性を考えると多弦化は自然な流れですよね。

「俺はツェッペリンが公演に来た時に見に行っているんだぜ」

とか言われてもなぁ。。

エレクトリックベースの原点でもあるコントラバスにだって5弦はあるのに、初期のエレクトリック・ベースが4弦だからってその可能性を否定されてもね。

渡しの場合は5弦に慣れてしまっているから、4弦を弾くとなるとネックも細すぎるし、フィンガリングのバリエーションも少なくなるんでかなり弾きづらくなっちゃうんですよね。
正直な話、私は音楽的な素養が少ないので”手の型”で弾くことが多いので弦が多いほうがバリエーションをつけやすくなるので、結構助かっています。

その方は
「3弦ベースなんてのもあるんだぜ」
とか言ってたけど、そちらはあまり否定的な雰囲気はありませんでした。
#アトランシアの1弦ベースなんてのもありますがね(笑
なんだ?少ない方は良いのに多いのはマズイのか?

別に私は演奏する音楽によって弦の数は1本だって4本だって、10本だってかまわないと思いますよ。弦の本数によってフレージングも異なるから、その派生効果を楽しめれば良いわけだし、プレイアビリティが上がることで演奏も良くなるというのもあるしね。

そんなモヤモヤを含みつつ打ち上げも終了しまして、どんな因果か手元からは4弦が旅立っていきましたとさ。

え?

にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ
にほんブログ村 ←Please Click to RANKING!!!
関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふぁんかてぃあー

Author:ふぁんかてぃあー
ベース弾いてます。Music is My Lifeな人生。

最新記事
最新コメント
気まぐれクラウド
読み込み中...
powered by syany
天網恢恢こんなの一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
ダジャレ図鑑
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。