ベース、音楽、などなど徒然なるままに。ひねもす、のたりのたりかな。

ちっさいことは良いことだ!?

台風ばっかりすねぇ。。って事で先週は雨ニモマケズ、カゼニモマケズの精神で楽器屋に試奏に行ってきました。

行った目的は前回書いたとおり気になっているベースがあったのでした。

前回の気になるベースの条件をもう一度書き出してみると、、

①PJレイアウト(Pレイアウトも可)
②5弦
③軽量
④パッシブ

なのですが、これに当てはまるのが、、、



RYOGAだ!

ryoga5.jpg

、、、へ?というリアクションをされそうですが、島村楽器が企画している新ブランドだそうです。
島村楽器といえばCoolZなどのエントリモデルが有りますが、こちらは島村楽器が企画して、実際に作成しているのは国内の工房だそうです。
「サイズなども含めて本当に日本人に弾きやすいベースは?」というコンセプトのベースで、一番大きな特徴は通常の34インチスケールよりも一回り小さい、33インチのベースとなります。

5弦モデルもあるので、ウキウキして楽器屋に行ってみると、、、「4弦モデルは在庫あるけど、5弦は売れちゃったみたいですねぇ」とのこと。
えぇ~、デジマートで確認したのにぃ!(T_T)

でも折角来たので4弦モデルを試奏させてもらいました。

ryoga4_01.jpg

ちょっと特徴的なフォルムですよね。第一印象はちょっと、、、と思いましたが見慣れてくると個性的でいいじゃない、となるのは人間の感性の不思議なところですね。

持ってみた第一印象は「小さっ!」でした。

どことなく(小ささから)フェルナンデスのZo-3ベースを思い出しました。
zo-3bass_sw-main1.jpg

久しぶりにフェルナンデスのHPを見てみると、PUがハム(Jタイプx2)が載っていたり、Toneが付いていたりして進化しているんですね。

さてRYOGAに話を戻すと、第一印象はおもちゃみたい?という感じがしましたが、弾いてみるとすぐに慣れますね。

ヘッドにはトレードマークのハチさん

ryoga4_02.jpg

ネックはハードメイプルとブビンガの5Pラミネートなのでちょっと高級感がありますね。けっこうしっかりした感じでした。

ボディはこんな感じ。
ryoga4_03.jpg

カラーはブルーなのですが、ちょっとPearlが入っていてキラキラして良い感じです。
形状はJazzMasterっぽいような独特なフォルムですね。Spectorみたいにカーブボディで身体にフィットするという訳ではありませんが、それなりのフィット感はありますね。

CIMG1517.jpg
Spectorのボディ

ryoga4_04.jpg

スケールが短い分、弦を裏通しにしてテンションを稼いでいますね。弾いた感じもテンションもちょうどいいです。

ryoga4_05.jpg

パーツ類もちょっと良いのを使っているみたい。

サウンドチェック:
音の方はどうかというと、、、普通なパッシブPJでしたね。
ノイズも気にならないし、太い音が出ていました。逆に特に不満もなければ感動するほどでもないというか。。

弾きやすさは結構良かったです。ミディアムスケールはハイテク系に使われる傾向がありますが、コード弾きやタッピングなどはちょっと楽になりますね。そこまでのハイテク系を駆使しなくても(笑)弾きやすさは感じられるので安心してください。(?)

で、じゃあ「買い」ですか?と聞かれると、私の本命は5弦なのでそちらがどうなのか気になりますが、あくまでも「サブのベース」と考えたときにはちょっとお値段が高いかなぁ。このお値段なら中古のBBでもいいじゃん?とも思っちゃいます。
モノは良いし、何より軽いというメリットは大きいけど「どうしてもこれじゃなきゃ!」というひと押しが足りないかな。

ちなみに試奏で使用したDarkglassのアンプはなかなか良かったです。

今度は5弦を弾いてみないとね!
DG_micro900.jpg


にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ
にほんブログ村 ←Please Click to RANKING!!!


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふぁんかてぃあー

Author:ふぁんかてぃあー
ベース弾いてます。Music is My Lifeな人生。

最新記事
最新コメント
気まぐれクラウド
読み込み中...
powered by syany
天網恢恢こんなの一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
ダジャレ図鑑
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: