ベース、音楽、などなど徒然なるままに。ひねもす、のたりのたりかな。

感動!完成!?フレットレスその4

さて、前回まででネックの作成(?)がほぼ完成したところで終了していました。

それは何故かと尋ねたら、、、

20140906-01.jpg

ネックを留めているボルトが硬すぎて外れなかった。orz...

で、所詮100均で買ったドライバーは頼りないのでドン・キホーテでちょっと立派なドライバーを購入。

20140906-02.jpg

晴れて取り外し完了。ヽ( ´ー`)丿 褪色の差が激しいですね。

で、一番気になっていたチェック。
そもそも買ったネックと今のベースのネックポケットのサイズが合うか?
で、早速ネックとボディをあてがってみました。

20140906-03.jpg

うぅ~ん、ちょい隙間はあるけど何とか許容範囲かな?(^_^;)

さて、残りはネックの取り付けだけですが、、、

20140906-04.jpg

このキリでの穴あけがかなり大変。メイプルネックの堅いこと、堅いこと。(´Д`)

途中で何度か挫折しかけたけど何とか穴あけ完了→そのまま取り付けです。

20140906-05.jpg

おー、すごい充実感。ヽ( ´ー`)丿

20140906-06.jpg

わんだほー!

さて、フレットレスなのでフラットワウンド弦を張ります。

20140906-07.jpg

念の為に補足しておきますが、通常のエレクトリック・ベースに張られている弦は「ラウンドワウンド」といって弦の表面がザラザラになっています。こちらは高音のエッジが立ちやすく、ロックだけではなく全般的に使用されていますね。
それに対して「ラウンドワウンド」は弦の表面がツルツルしています。ウッドベースみたいな感じです。こちらは高音がギンギンしない分、マイルドで暖かみのある中低音が特徴です。
フレットレスベースには音楽性もそうですが、指板と弦が直接触れる面積が多くなることもあり、指板保護の目的でもラウンドワウンドの弦を張られることが多いですね。

wound.jpg
こんなイメージ。

で、弦も張って作業完了?いえいえ、最後の作業が残っています。

20140906-08.jpg

ストリングガイドです♪
1,2弦はナットからストリングポストまでの間が長いので、ストリングポストやストリングガイドが付いていないと、テンションが保てなくなったり、ナットから外れるのを防ぐためです。

実際に弦を張ってみて、ストリングポストの位置を決めてから、取り付け完了!

20140906-09.jpg

うは!超ギリギリ!!!てかアウト!!!2弦が外れちゃいます。orz....

で、もう一度弦をゆるめて、ストリングポストを外して、再トライ。今度こそ、、、

20140906-11.jpg

う、うん。何とか大丈夫かな。(´ρ`)

で、記念に?新旧のネックを並べて記念撮影。

20140906-10.jpg

初代の手書きのロゴよりも進歩しましたね。笑
ペグがナナメなのが意外に違和感なくて言われなければ気づかないかも?

20140906-12.jpg

チューニングして、弦高を調整してひと通り完了!

お疲れ様でした。(σ゚∀゚)σ

にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ
にほんブログ村 ←Please Click to RANKING!!!
関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふぁんかてぃあー

Author:ふぁんかてぃあー
ベース弾いてます。Music is My Lifeな人生。

最新記事
最新コメント
気まぐれクラウド
読み込み中...
powered by syany
天網恢恢こんなの一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
ダジャレ図鑑
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: